さくらVPS yumパッケージのアップデート

結構頻繁にパッケージアップデートしたり、再起動したりしたいタイプのあゆたやです。

安定稼動しなければいけないものを特に置いていないので、好きに弄くり倒してるんですが、うっかりyumパッケージのアップデートでKernelまで更新してしまって、アップデート後といえば再起動!でVPSが起動しなくなったので、それを回避するためのメモ。

yum update時にKernelを除外する設定

と、オマケにCPUアーキテクチャの異なるバージョン(x86_64=64bit以外)を除外する。

$sudo vim /etc/yum.conf

#最後の行に追加
exclude=kernel* *.i386 *.584 *.686

yum update実行

$sudo yum update

途中でアップデートしてもいいか確認が出るので

================================================================================
Upgrade 57 Package(s)

Total download size: 43 M
Is this ok [y/N]: y

yしてしばし待つのみ。

アップデートし残しがないか確認

$yum check-update

で確認して、パッケージが表示されなければOK。
あったらもう一度updateする。

もし再起動したければ

SSHは一度切断されるので、順調に起動が出来ない場合などにはもちろん再接続できません。
必ずさくらVPSコンパネのリモートコンソールが見られる状況で行いましょう。

$sudo reboot

ただし!
サーバはどのくらいの頻度で定期リブートしてますか? (ちょっと古いけど)

利点と障害正規サーバーの再起動

というわけで基本的には必要に迫られるまで再起動をしないもののようです。

アップデート後に再起動したらSSH接続できないときは→SSH接続できないときにVNCコンソールで頑張って復帰する

最後に、Redmineからメールが送信できるかちゃんとテストしようね!(経験談)

投稿者: あゆたや

札幌のWEB系の人です。バイトしながら個人制作も請けてます。一度寝たらなかなか起きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です