さくらレンタルサーバでTracとSVN連携

Tips, Trac| | 2011.05.18

さくらレンタルサーバにTracをインストール の続きです。

svn/repos/hooks/のpost-commitの中身

[post-commit]

REPOS=”$1″
REV=”$2″

#1:trac-admin起動するだけ(2を使うときは必要なし)
/home/[ユーザ名]/local/bin/trac-admin /home/[ユーザ名]/var/trac/project changeset added “[プロジェクト名]” $REV

#2:コミットコメントで所定の書式を書くとチケットに反映されるスクリプトを実行(1の機能を含む)
/home/[ユーザ名]/svn/repos/hooks/trac-svn-hook “$REPOS” “$REV”

[post-commit]同フォルダに置いた[trac-svn-hook]

#48行目あたりから
# == Configuration
PATH=/home/[ユーザ名]/local/bin:$PATH
export PATH

export TRAC_ENV=”/home/[ユーザ名]/var/trac/project”
export LD_LIBRARY_PATH=/home/[ユーザ名]/local/lib/python/lib:$LD_LIBRARY_PATH
PYTHONPATH=/home/[ユーザ名]/local/lib/python:/home/[ユーザ名]/local/lib/python/site-packages;
export PYTHONPATH

としてやると。

で、管理画面->プラグインから、[trac 0.12.2.ja1]をひらいて、「tracopt.ticket.commit_updater.*」の項にある「CommitTicketReferenceMacro」と「CommitTicketUpdater」のチェックをつけて変更適用すると、コミットコメントにTrac用のコメントを追加することで、チケットとコミットが関連付けられるようになります。

  • Refs #(チケット番号)  →コミットのチケットへの関連付け
    Fixes #(チケット番号) →Refs の機能に加えて、チケットをfixedでクローズ