LiveReloadの便利さを手軽に非Gruntプロジェクトでも使う方法

Grunt+LiveReloadが便利なのだけど、サーバサイドがメインのもので、
concat/cssmin/jsmin/htmlminしないのにGrunt watchするのめんどくさいですね?

と思ったら公式のReload発火アプリケーションがありました。

http://livereload.com/

LiveReload.com

LiveReload.com

2014/7/22現在WindowsはAlpha版なので無料ですが、Mac用は$9.99なんですね…。

ともかくインストーラを手に入れて実行。

リロードの設定をする

にょろにょろとインストール実行後、

LiveReload

+addから監視したいディレクトリを指定するだけ。

例えばVagrantで共有してるhtdocsディレクトリとか。

後は、Google ChromeでリロードしたいURLを開いてから、
Gruntと連携するときにも使っていたGoogle Chrome用LiveReloadプラグインをONにすると、
指定したディレクトリ内のファイルが上書きされたタイミングでリロードされます。

試したのはWindows(v0.9.2.0 – Alpha)版なので、ディレクトリとリロードするURLの関連などは設定できないようですね。