口蹄疫問題で思うこと1

チラシの裏メモ| | 2010.05.25

最近Twitterもこればっかりなんだけどなんかちょっと気になってしょうがないんだよね。

・人間にも感染する(症状は穏やかで成人の場合命の危険は少ない)
・過去に子供が感染して死亡例あり
・幼畜の致死率は5割↑、成畜は数パーセント
・感染した豚は1日に4億個のウィルスをバラまく
・ウィルス10個で牛が感染する
・風に乗って最低60km以上移動する

参考サイト:
wikipedia – 口蹄疫(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB)
新小児科医のつぶやき – 口蹄疫関連で少しだけわかった事(http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20100518)

酪農家の方々はどれほど辛くても酪農家の方々も殺処分を拒否出来ないんだと思うな。

もし全国的に広がって次の代が半分になったら次の代は今の四分の一になるし、動き回るウイルスキャリアがばらまきつづけるから、家畜以外の生態系にも影響が出るわけだし…。

そして豚に感染するってことは、突然変異で人に強力に感染するウィルスに変化する可能性も否定できません。
(鳥インフルエンザや豚インフルエンザでパンデミックになったのは記憶に新しいところですよね。)

外交的に言えば、ウィルスはほかのものに付着して数週間生き延びるため消毒していないモノの輸出にも影響があるし、海外渡航も感染拡大防止の観点から税関で拒否されることもありうる。

でも、古くから殺処分ありきできていて、母体が感染した・していた場合には子にどんな変化があるかとか解らないのは何とかしたほうがいいような気がするなぁ・・・。

しかもこんな時期に黄砂対策で1兆7500億円中国に出すって?
口蹄疫対策費は1,000億円だって言うのに・・・。